Think & Do Tank

は、持続的にイノベーションが起こる
生態系(=エコシステム)を研究し(Think)、実践する(Do)、
シンク・アンド・ドゥタンクです。

文化・資源を読み解く

組織や地域に眠る文化・資源を読み解きなおし、本質的な変革の機会を見出します。

非連続な未来を探索する

異なる文脈や文化から、非連続な未来の兆しを探索し、ありたい未来を考えます。

コレクティブをつくる

セクターを超えた協働で、変化を実現する共同体(=コレクティブ)を生み出します。

RE:PUBLIC
NEWS

新たなサーキュラーデザインのネットワーク立ち上げに向けた公開会議を開催します!

    現在、世界各地で持続可能な社会に向けた試行錯誤が進められる中、日本でも循環経済(サーキュラーエコノミー)を実現する手法としてサーキュラーデザインが注目を集めています。循環経済への移行は、いくつもの分野や既存の仕組みを超えて手を携え、社会全体が徐々にトランジションすることで成しえるものです。しかし、その実践に必要な取り組みや研究は始まったばかりで、個々の主体や事業者が別個に課題と向き合い、試行錯誤を繰り返している状況にあります。 そこで、わたしたちは、アカデミア・企業・自治体・デザイナーのみなさまとともに、セクターならびに分野横断的に対話できるスペースをつくり、「理論 Theory」と「実践 Practice」の往来を可能にする「実装 Praxis」の領域を広げることで、実験的かつ社会的にインパクトのある活動に取り組みやすい環境を育むことを目的に、Circular Design Praxis (CDP)という名のネットワークを立ち上げます。ここでは西洋由来の「サーキュラーデザイン」の概念や手法を輸入するだけでなく、日本・アジア・オセアニアなど、伝統的に生産圏として機能してきた地域に特有のサーキュラーデザインを可視化・確立し、世界に対して発信していくことを目指します。 このネットワークの立ち上げに向けた準備プロセスの一環として、CDPが対象とする問題領域や活動の方向性について、資源循環、人類学、材料、デジタルファブリケーション、建築、市民参画など多様なバックグラウンドを持つ専門家が一堂に会し、協議する場を「カンファレンス(公開会議)」という形で開催いたします。 超域的な分野の対話が必要だからこそ、準備プロセスから公開して、さまざまな方にご参加いただきたいと考えております。 ぜひふるってご参加いただき、今後の展開にもご一緒いただけると幸いです。本カンファレンスにご参加いただいた皆様には、引き続き今後の活動進捗をお届けいたします。   【イベント概要】 日時:2022年8月27日(土)オンライン配信 第1部:カンファレンス(聴講編) 12:00-14:45 “Circular Design Praxis”の立ち上げに向けた公開会議。 環境学、人類学、材料、デジタルファブリケーション、建築学、市民参画など、さまざまな分野の専門家らが一堂に会し、各フィールドの現状や直面する課題、次なる焦点を語ることで、分野やセクターが越境して取り組むことで開かれる循環デザインの可能性を議論します。 第2部:ワークショップ(実践編) 15:15-17:00 登壇者、参加メンバーらとともに議論するオンラインワークショップ。参加する皆様の実践や関心領域をもちより、異なる視点を交差させながら各々の活動の次なる可能性を描きます。 参加をご希望の方はPeatixのイベントページからチケットをご購入ください →https://circular-design-praxis2022.peatix.com   【パネリスト(ご所属と専門領域:五十音順)】 大岩根 尚 環境活動家、株式会社musuhi 取締役、NPO法人薩摩リーダーシップフォーラムSELF 理事。環境学専門 河内 幾帆 金沢大学融合研究域融合科学系准教授。環境教育・環境政策・環境経済学・応用ミクロ計量経済学専門 田中 浩也 慶應義塾大学環境情報学部教授。デジタルファブリケーション、3D/4Dプリンティング、環境メタマテリアル専門 津田 和俊 京都工芸繊維大学 デザイン・建築学系講師。サーキュラーデザイン・DIY/DIWO・パーソナル・バイオテクノロジー・パーソナル・ファブリケーション・物質循環・資源循環・ライフサイクル工学 ・サステナブルデザイン・サステイナビリティ専門 水野大二郎 京都工芸繊維大学・教授。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特別招聘教授。ファッションデザイン、デザインリサーチ、設計方法論専門 森田 敦郎 大阪大学人間科学研究科人間科学専攻教授。気候変動適応・アクターネットワーク理論・人新世・科学技術論・人類学専門 【主催・運営】 (株)リ・パブリック + 京都工芸繊維大学 未来デザイン・工学機構 【共催】 共創の場形成支援プログラム(地域共創分野・育成型) 「デジタル駆動超資源循環参加型社会共創拠点」