About
Re:public Inc.

リ・パブリックは、持続的にイノベーションが起こる
「生態系(=エコシステム)」を研究し(Think)、実践する(Do)、
シンク・アンド・ドゥ・タンクです。

不確実性と複雑性がますます高まる社会・経済の中で、セクターを超えて協働し、
それぞれの資源や技術、文化を編み上げ、新たな展開を生み出していく、
ダイナミックな変化が世界各地で起こりはじめています。

リ・パブリックは、こうした変化を生み出すプロジェクトを構想し、
世界のフロンティアで挑戦する人たちと手を携えて、
ともに実験と実践を繰り返す共同体を生み出します。

ひとりの市民から、組織、地域、社会まで。
―あらゆるスケールの視点を行き来しながら新たな可能性を紡ぎ上げ、
パブリックを編み直す。

それがリ・パブリックの理念です。

Our Approach

文化・資源を読み解く

圧倒的な資本とネットワークを背景とした終わることのない競争を離れ、独自の市場と価値を生み出すためには、いま自分が置かれている場や持っているリソースを深く洞察する必要があります。


リ・パブリックでは組織・地域の歴史やこれまで担ってきた役割、パラダイムの転換点を紐解き、そこに眠る文化・資源が、業界の枠を超えて持ちうる社会的価値を捉えなおすことで、本質的な変革の機会を見出します。

例:イノベーションマップ、都市のイノベーションエンジンなど

閉じる もっと読む

非連続な未来を探索する

社会イノベーションを起こすためには現状の課題のみにフォーカスするのではなく、異なる文脈や文化における行動・習慣・価値観に触れ、別の見方・あり方を構想することが必要です。

リ・パブリックでは、非連続な未来の兆しを全方的に探索し、統合的なモデルを構築することで、新たな事業・プロジェクトを考えていきます。また、こうしたプロセスをさまざまなセクターのプレイヤーとともにすることで、ありたい未来を考えなおします。

例:フィールドワーク、未来洞察、デザインフィクションなど

閉じる もっと読む

コレクティブをつくる

現代の都市や地域における課題は複雑さを増しており、トップダウン型であれボトムアップ型であれ、どちらか一つの方法で変革を実現することは非常に困難です。

リ・パブリックでは、さまざまなバックグラウンドやスキルを持つ市民、企業、大学、行政、NPOが、組織の枠組みを超えて活動する共同体=コレクティブを生み出します。また、コレクティブが持続的に変化を起こすためのエコシステム形成をサポートします。

例:オープンイノベーションプラットフォーム、インキュベーションラボなど

閉じる もっと読む

の実績はこちら

すべてのプロジェクト