Our Team

田村大Hiroshi Tamura

共同代表

神奈川県出身。東京大学文学部心理学科卒業、同大学院学際情報学府博士課程単位取得退学。1994 年博報堂に入社。以降、デジタルメディアの研究・事業開発等を経て、 イノベーションラボに参加。同ラボ上席研究員を経て 2013 年に退職、株式会社リ・パブリックを設立。2009 年東京大学工学系研究科 堀井秀之教授とともにイノベーションリーダーを育成す る学際教育プログラム・東京大学i.school(アイ・スクール) を発足。2013 年 4 月 i.schoolエグゼクティブ・フェローに就任。現在、九州大学・北陸先端科学技術大学院大学にて客員教授を兼任。 著書に「東大式 世界を変えるイノベーションのつくりかた」(2010, 早川書房) 等、多数。

閉じる もっと読む

市川文子Fumiko Ichikawa

共同代表

広島県出身。慶応義塾大学大学院政策・メディア研究科修了(ヒューマン・コンピューター・インタラクション専攻)。その後フィンランドの通信メーカー、ノキア社に入社、約10年に渡りインサイト&イノベーション・チームのユーザーエクスペリエンス・エキスパートとして世界80カ国における生活者の実態調査の設計とディレクション、端末づくりを手がける。退社後、株式会社博報堂イノベーション・ラボを経て現職。豊富なリサーチの経験を元にイノベーションの生態系について研究と実践を手がける。金融危機以後の市民主導の再生を描いた「明るい未来の作り方」(ダイアモンド・オンライン)、監訳に「シリアル・イノベーター」など。

閉じる もっと読む

内田友紀Yuki Uchida

シニアディレクター

福井県出身。早稲田大学理工学部建築学科卒業。株式会社リクルート勤務後、2012 年イタリア・フェラーラ大学大学院にてSustainable City Design を専攻。イタリア・チリ・ブラジル・ベトナムなどでの地域計画プロジェクト、ブラジル州政府インターンシップでの国連サステナブルシティ・アライアンス事業に従事する。また、「Community Travel Guide 福井人」に発起人として参加、2013 年に出版。リ・パブリックでは、福岡市・福井市などにて都市型の事業創業プログラムの企画運営や、企業の研究開発領域での人材育成などに携わる。2017年、内閣府より地域活性化伝道師に任命される。

閉じる もっと読む

白井瞭Ryo Shirai

ディレクター / MOMENT編集長

東京都出身。早稲田大学文化構想学部卒。在学中より、株式会社リ・パブリックにて成熟企業において連続的にイノベーションを起こす人材と環境の研究を行う「シリアルイノベーター研究会」の運営に関わる。2015年、オランダの学際的研究実践機関MediaLAB Amsterdam に留学。2016 年に同機関を修了し、株式会社リ・パブリックに入社。XSCHOOL中心とした都市型の事業創業プログラムの企画運営などに携わる。2019年6月、リ・パブリックよりトランスローカルマガジンMOMENTを創刊。

閉じる もっと読む

鈴木敦Atsushi Suzuki

ディレクター

千葉県出身。2004年国際基督教大学教養学部卒業・カリフォルニア大学バークレー校留学。2006年東京大学公共政策大学院(政治経済専攻)修了。2014年愛知産業大学造形学部建築学科卒業。2006年独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)入構。外国企業の日本誘致や日本市場のPR、世界の経済・産業動向に関する調査業務に従事。2014年9月より同機構ニューヨーク事務所にて調査ディレクターを務め、米国政府の政策や産業動向に関する調査・情報提供を担当。2019年よりリパブリックに参加。

閉じる もっと読む

八幡憲子Noriko Yahata

アシスタントディレクター

福岡県生まれ。幼少より東京で過ごす。立教大学社会学部社会学科卒。百貨店で販売、バイイングに従事した後、夫の海外勤務に伴い、韓国ソウルへ。帰国後、訪日観光客インバウンドマーケティング会社勤務。2012年福岡女子大学「イノベーション創出力を持った女性リーダー育成プログラム」1期生として学び、株式会社リ・パブリックに出会う。2017年12月より同社に参加。佐賀県「ニューノーマル」プロジェクトなど複数のプロジェクトに携わる。

閉じる もっと読む

多田陽子Yoko Tada

オフィスマネージャー/税理士

鹿児島県出身。鹿児島大学大学院人文社会科学研究科修了(経済社会システム専攻)。在学中より税理士を目指し、東京JAPAN税理士法人(現:かがやき税理士法人)、デロイトトーマツ税理士法人福岡事務所、鹿児島事務所勤務を経て独立。起業支援と相続・事業承継を柱に、経済活動に関わる人が充実し心豊かであり続けられるような長期的なサポートを目指している。2016年より株式会社リ・パブリックに入社。バックオフィス全般業務を担当。2017年度全国女性税理士連盟九州沖縄ブロック長。

閉じる もっと読む

松丸裕美子Yumiko Matsumaru

アシスタントディレクター

フリーランスの編集者。栃木県出身。一橋大学社会学部卒業・カリフォルニア大学サンタクルーズ校留学。両校にて文化人類学、美術史を学ぶ。卒業後は10数年にわたり、都市出版株式会社で月刊誌「東京人」の編集を行い、都市東京の多様な文化的地層を探索する。2016年独立。リ・パブリックには2017年秋より参加し、「未来へつなぐ ふくい魅える化プロジェクト」を中心に、複数のプロジェクトに携わる。

閉じる もっと読む

高坂葉月Hazuki Kosaka

アシスタントディレクター

群馬県出身。東京藝術大学音楽学部楽理科卒業、同大学院修了。異質な要素が共存するマーラーの音楽を、作曲時の社会的・文化的背景から読み解く研究を行ってきた。在学中、オーストリア政府奨学生としてグラーツ芸術大学およびインスブルック大学に留学。音楽学博士(東京藝術大学)。2015年より九州大学大学院芸術工学研究院ソーシャルアートラボの学術研究員として、「Fukuoka Yame Remix」「織曼荼羅〜博多織の機音による」など、複数のアートプロジェクトの企画運営に関わる。西日本新聞や雑誌『音楽の友』にて批評活動も継続的に行っている。2018年よりリ・パブリックの活動に参加。「ニューノーマル」プロジェクトのメンバーとして、地域環境と呼応する現代的な暮らしの提案に取り組む。

閉じる もっと読む

神尾涼太Ryota Kamio

アシスタントディレクター

神奈川県出身。明治大学文学部地理学科卒業、バルセロナ大学大学院Spatial Planning & Environmental Management修士課程卒業・カタルーニャ先進建築大学院大学(IAAC)Design for Emergent Futures修士課程卒業。バルセロナを拠点に、都市地理学の視点からハウジング・都市問題の研究を始める。同時に新興テクノロジーを用いた、未来の居住環境のプロトタイピング、デザインを専門にする。2019年、株式会社リ・パブリックに入社。

閉じる もっと読む

井上絵梨香Erika Meneses Inoue

アシスタントディレクター

コロンビア大学バーナードカレッジにて都市学と建築を専攻。在学中都市デザインと反政府抗議運動の関係性をトルコ・イスタンブール市で研究。また、エクアドルでの震災後の復興住宅における住民意識調査と、ブラジル、インド、南アフリカの都市の公共空間における民間活用についての比較研究を行う。2019年より、リ·パブリックに参加。

閉じる もっと読む

木許宏美Hiromi Kimoto

アシスタントディレクター

東京都出身。慶應義塾大学環境情報学部卒。東京工業大学大学院技術経営専門職学位課程(修士)在籍中。専門はデザインリサーチ、参加型デザイン。2018年、未来の高齢者食を一般市民とともに思索する自身のプロジェクトがデザインカンファレンス Desgin Indabaより国際作品トップ20に選出。同年オランダで開催されたダッチ・デザイン・ウィークにて発表。2019年より株式会社リ・パブリックに入社。

閉じる もっと読む

岡 千世Chitose Oka

アシスタントディレクター

福岡県出身。高校卒業後、渡米。Shoreline Community College, Audio Engineering学科・MIDI Music Production学科(準学士)卒。 The Art Institute of Seattle, インテリアデザイン学科(美術学士)卒。サステイナブルデザインにフォーカスしたデザイン事務所で戸建て・集合住宅のリモデルを手がける。帰国後は、日本環境協会、県観光連盟、市観光コンベンションビューロー、九州大学などの多様なフィールドで、環境教育普及啓発・地域観光促進・インバウンド誘致・人材育成・国際交流促進などのプロジェクト企画・運営事業に携わる。2020年よりリ・パブリックに入社。

閉じる もっと読む

徳田加奈子Kanako Tokuda

ディレクター

愛知県出身。津田塾大学卒業。卒業後、マーケティング・リサーチ会社に勤務、その後、2003年にサントリー・パブリシティ・サービス株式会社に入社。サントリー山崎蒸溜所の工場見学業務、指定管理制度による公共文化施設運営にたずさわったのち、経営企画部門、人事部門にて全社業務に従事する。在籍中、北陸先端科学技術大学院大学・知識科学研究科を修了、公共領域における民間組織のサービス創出と組織学習を修士論文のテーマとする。2020年、リ・パブリックに参加。プロジェクト、また、人事を中心としたバックオフィス業務の一部を担当。

閉じる もっと読む

藤原まり子Mariko Fujiwara

フェロー

ニューヨーク州立大学New Paltz校(学士号)スタンフォード大学(修士号)で文化人類学を学ぶ。1981年博報堂生活総合研究所の設立準備に参画し、34年間客員研究員フェロー(エスノグラフアー)を務め、国内外に生活者の変化について発表(欧米各国、東欧、バルト諸国、中東、アフリカ、アジア、オセアニアの経済団体および大学で講演)。1983年から多くの政府省庁の研究会、懇談会の委員を歴任。1992年には道の駅を地域活性化政策と国土の防災ネットワークとして推進、近年は国土審議会、情報通信審議会、関税、外国為替等審議会の委員を務める。地方自治体において総合計画、地域経済振興策の策定にも参加。
1991年からロンドンに拠点を置く多国籍コンサルタント Business Futures Network/Futurealitiesの日本代表としてマーケット変化の兆しを世界同時的に察知するHorizon Scanning手法を用いて企業や産業におよぼす影響を予見分析、多国籍企業の市場戦略、イノベーション戦略、新ビジネスモデル構築のコンサルテーションを行う。高齢化する国内外の市場、新興国市場の開拓戦略(Frugal Innovation)Innovationのコンサルテーションに注力。2015年4月1日より、一般社団法人融合研究所研究員を兼務。

閉じる もっと読む

Kun-Pyo Lee

フェロー

KAIST(韓国科学技術院)インダストリアルデザイン専攻教授、PolyU(香港理工大学)デザイン学部学部長当選者。これまでに、LGエレクトロニクスの副社長やコーポレートデザインセンター長、IASDR (International Association of Societies of Design Research)会長などを務める。韓国、アメリカ、日本でデザインを研究し、主にユーザーエクスペリエンスデザイン、人間中心デザイン、デザイン理論、オープンデザインを研究対象とする。350を超える記事や論文、書籍を韓国や海外で出版し、150を超えるカンファレンスや組織で、キーノートスピーカーやレクチャラーを務める。

バイオグフィー全文を見る(英語)

閉じる もっと読む

Bryan Boyer

フェロー

ダッシュ・マーシャルの共同創設者兼パートナーとして、ストラテジックデザインプロジェクトのスタジオを運営する。GoogleやKnight Foundation、ニューヨーク近代美術館(MoMA)などのクライアントとともに、都市環境や機構の再発明に焦点を当てて活動している。これまで、議会直属の先駆的組繊であるフィンランド・イノベーション基金が設立した、ヘルシンキデザインラボの創立メンバーを務める。現在、ニューヨーク市のパプリックポリシーラボのボードディレクターで、デトロイトを拠点にしている。

http://bryanboyer.com/
http://www.dashmarshall.com/

閉じる もっと読む

は国内外さまざまなセクターの人たちと協働する小さなチームです。

好奇心と探究心をもって、ともにプロジェクトをつくりあげるメンバー/パートナーを探しています。

info@re-public.jp