From An Ethnography Project Members


fromaneth
既に4年近く経つのでしょうか。NTTレゾナントの皆さんとビジネスエスノグラフィのプロジェクトでご一緒させて頂きました。立石さん、土持さん、藤代さん、堀越さん、望月さん、松田さん。みなさん、今では別々の部署でご活躍と伺っています。

お仕事をご一緒させて頂いた時、大変印象的だったのはみなさん個性が豊かで、誰一人として同じでなかったこと。そしてその事がプロジェクトの過程であらゆる議論をスタートさせました。インタビュー、記録の仕方(「咀嚼して書いちゃなんでダメなのさ?」)、プロジェクトに対する疑問。翻ってそれは私たちの所属組織やキャリア、培って来たスキルの違いとの関係性であり、新しいことの体得や実践は”Learn to unlearn,” つまり今までに体系的に培って来た事をひも解かねばならないということを実感させてくれました。その事が分かったのはこのプロジェクトのメンバーの多様性と一人一人の存在意義あって。私自身多くの事を学びました。

何故そこから「戦隊もの」という発想になったのか、その過程を私はよくは記憶していません。ただ、以来こうしたプロジェクトチームを編成する際意識する事、そしてその際に当人に聞くのは「戦隊もので言うとあなたは何色ですか?」という質問(笑)。 赤は正義感が強く、青は冷静で知的、黄色はひょうきんで、緑は孤高の人だがいざという時にチームを助けたり。ピンクは紅一点でチームを盛り上げ、金色は特別キャラ。このプロジェクトでどなたがどの色だったかは申し上げませんが。とにもかくにもここがスタートとなり、今や東京大学i.schoolでもしばしば見受けられる質問です。

後々私はSix Thinking Hatsという同様の(と申し上げては失礼かw)アプローチを知るのですが、日本人にはこの「戦隊物で色分け」が直感的で気に入っています。

Beautiful white orchid arrived to our office from ‘an ethnography project members,’ a wonderful team of six whom we worked together six years ago. Because the team members had such a distinctive characters, it reminded us of power rangers, which typically assigns a certain character to the color:

Red: A leader of the team, always passionate and hates injustice.
Blue: The cool one. Blue uses his intelligence to overcome the challenges.
Green: He works in solo. But sometimes, this makes him the savior when the team fails.
Yellow: Any team needs to have a man like him, often funny and loves to eat (somehow the yellow guy in the power ranger always eat curry and rice, which I believe doesn’t translate well in other countries).
Pink: The lady!!
Gold: Only in few series but had a very special ranger.

This is slightly like the well-known Six Thinking Hats, but somewhat this version translate better in Japan simply because all of us are grown up with it.

Every project we love is the one we learn a lot from the client. This one was one of them and we really appreciate for them not only being in touch with us today but for celebrating our new start together.

Facebook Comment
Pocket